JEX Gem Gallery
催しのご案内(Fair Information)
トップページ > 催しのご案内(Fair Information) > 第51回世界のピリオディック(年代物)・ジュエリーフェア

第51回世界のピリオディックジュエリーフェア

世界の歴史的な文化の流れ、異文化との遭遇、融合…、様々な影響を受けてそれぞれの時代を彩ってきた芸術性豊かな ジュエリーたちが、春のJEXに集合します。
春爛漫の煌めき浴を是非ご堪能ください。なお、この特別ご招待状では、新着のお値打ち品も多数ご紹介しております。
皆様のお早目のお問い合わせをお待ち申し上げております。
JEX宝石ギャラリー

 第51回世界のピリオディック(年代物)・ジュエリーフェア

東京銀座店:4月16日(火)・17日(水)
大阪駅前店:4月18日(木)・19日(金)


01

Ptダイヤモンドリング
ハリー・ウィンストン 1971年頃の作品
1石のエメラルドカットD=8.57ct Fカラー、VVS1(GIA)
2石のバゲットD=0.75ct
価格は店頭公開
冴え冴えとした圧巻の閃光が響きわたります。たとえようのない瀟洒な佇まい。



02

Ptエメラルド&ダイヤモンドブローチ
メレリオ・ディ・メレー パリ 1925年頃の作品
1石のクッションE=76.50ct
ラウンド&バゲットD=約3.25ct
¥4000万
メレリオ・ディ・メレーは1613年フランス王室御用達となり、現在に至るまで400年にわたってヨーロッパ王室御用達であり続けている最も歴史のある老舗名門ジュエラー。 荘重なメゾンの地下には古い顧客台帳が大切に保管されており、 マリー・アントワネット(1755年~1793年)、ナポレオン3世妃 ウジェニー・ド・モンティジョ(1826年~1920年)をはじめ、歴代王侯貴族の名が綿々と連ねられています。 この作品も、メレリオの華麗なる歴史を伺い知れる76ctもの大粒エメラルドを配した絢爛豪華なブローチ。20世紀初頭の王侯貴族の特注品であったことは間違いありません。

03 

Ptダイヤモンドリング
ハリー・ウィンストン 1970年頃の作品
1石のアッシャーカットD=7.61ct Kカラー、VS2(GIA)
2石のテーパードバゲットD=約0.65ct
¥2400万
ロイヤルアッシャー社は1854年オランダのアムステルダムで創業。
1902年に生み出したのが革新的なスクエアカット“アッシャーカット”。それはプリズムのような輝きが特徴で、当時はたいへん斬新なカットとされ、高品質かつ大粒ダイヤモンドにのみ施されていたので、ハイジュエラーしか扱う事ができませんでした。
アッシャー社を世界的に有名にしたのは、1905年にアフリカで発見された3106ctもの史上最大のダイヤモンド原石(発見者の名前からカリナンと称される)を英国国王エドワード7世の依頼で研磨したことからです。その原石は105石に切り分けられましたが、一番大きなものが530.20ctの“カリナンⅠ世”。 これは英国王室の王笏にはめ込まれています。
このHWの作品にもアッシャーカットが施された7.6ctもの大粒ダイヤモンドが。風格溢れる歴史的な威光が轟くように輝きわたります。



04 

Pt&K18ルビー&ダイヤモンドイヤリング
2石のオーバルR=14.22ct ビルマ産非加熱(グベリン)
22石のマーキスD=8.00ct
¥4000万
小さなルビーでも、同様の形・色相・煌めき感をペアで揃えるのは至難の業。
7ct+7ctの大粒で、しかもビルマ産非加熱のペアは、まさに奇跡の遭遇!
太陽光のエネルギーを潜ませているかのような熱気を帯びた 大粒ルビーと大粒ルビーが織り成すスペクタクルは圧巻の迫力です。



05 

イエローゴールド トルコ石ビーズネックレス
1950年頃の作品
¥275,000
澄みきった青空のようなブルーとゴールドのハーモニーが落ち着いた品格を かもし出します。お顔をさりげなく優美に華やがせます。



06 

K14アジア風景彫刻トルコ石ブローチ 
ニューヨーク 1925年頃の作品
¥200,000
天の羽衣をまとった天女をカービングしたのでしょうか。
西洋にはないモチーフが独特のシノワズリの香りを漂わせます。
トルコ石のカービングはめったに出会えない貴重品!



07 

K18ラブバードリング
ボストン 1900年ごろの作品 
¥150,000
当時は手作業で相当な手間と情熱を掛けているため、現代物とは味わい深さが違います。
愛し合う番いの鳥の仲睦まじさが、心を平安な気持ちにさせてくれます。



08 

K14エナメル帆船ブローチ
ボストン 1900年ごろの作品 
¥100,000
西洋では富豪のたしなみの1つとされるヨット。
 真っ白な帆に風を受け、晴れ晴れとした気持ちでお出掛けを楽しめます。
   お友達と、海のロマンへの話題も広がることでしょう。



09 

K18ダイヤモンド・サンゴ・ホワイトエナメルリング
ニューヨーク 1970年頃の作品
3石のラウンドD=約0.45ct
¥300,000
サンゴの暖かい色調、ホワイト・エナメルの花弁…、 かぐわしい野菊のような面持ち。
愛(いと)おしい思いを込めて作られたことがわかります。



10 

K14珊瑚&ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1950年頃の作品
10石のラウンドD=約0.10ct
¥85,000
貴重な珊瑚をさりげなくデイリーに! 温もりある奥ゆかしい佇まい。



11-111-211-3 

ゴールドコイン&カーネリアン沈み彫りロケット
1900年頃の作品
¥150,000
カーネリアンのインタリオ(沈み彫り)とゴールドコインを調和させたロケット。
名家の格調が滲み出ています。



12 

K14パール&ダイヤモンド・ペアリーフ・ブローチ
ニューヨーク 1950年頃の作品
18石のラウンドD=約0.70ct 
¥150,000
使い手のアレンジで、お洒落の幅が無限大に広がるペアブローチ。
お洒落マダムの風情にうっとり・・・。
往年の海外製ゆえの、素晴らしいデザインです。



13

Ptパール・ダイヤモンドリング
ニューヨーク 1938年頃の作品
1石の真珠
24石のラウンドD=約1.10ct
¥390,000
端正なエレガンスが際立ちます。



14 

K14パールリング
1珠の養殖真珠
¥85,000
アメリカの一番佳き時代の作品。上昇する流れのアクセントに真珠をあしらったモード感。ジーンケリーのタップダンスの ような自由な空気に見惚れます。



15 

K14パールペアサークルブローチ
ミキモト 東京 
31石の養殖真珠
¥75,000
往年のミキモト製のペアブローチが、海を越え里帰り!
欧米のセレブに賞賛されたカルチャードパール(養殖真珠)の魅力を、愛おしい気持ちで再発見します。



16 

K14アールヌーボー カフリンクス
Newark, NJ 1890~1900年頃の作品
¥60,000
マキシムドパリの調度品に代表されるような、アールヌーボーの曲線美。レプリカではなく本物が、当時の豊かな感性を教えて くれます。



17 

アンティークYGエナメル&サファイヤブローチ
Robert Phillips ロンドン 1880年頃の作品
7石のラウンドS=約1.50ct
¥115万
「魚」は、ギリシャ語の「イエスキリスト・神の子・救い主」の 頭文字と一致するのでキリストの象徴とされており、サファイヤは敬虔さと誠実を表します。
深い意味を湛えた異彩を放つ美しいエナメル細工。
小品の中に当時の職人の情熱と英知が結集されています。



18 

K18トゥッティフルーティリング
フランス 1950年頃の作品
7石の彫刻E&R&S
9石のラウンドD=約0.20ct
¥110万
インドのムガールジュエリーにインスパイアされたカルティエがヨーロッパで流行させたスタイル、“トゥッティフルーティ”。 リーフ模様にカーヴィングされた瑞々しい彩りに心おどります。



19 

ゴールド アールヌーボー チャームブレスレット
ニューヨーク 1900年頃の作品
¥960,000
一つ一つのチャームがアールヌーボー期の時代背景を宿しています。幸せな記念日ごとに付け加えられたものと思われます。
時代を超えて幸せを受け継いてゆくような温もりを感じます。



20 

K14ルビー&ダイヤモンドブローチ
16石のラウンドD=約0.20ct
40石のラウンドR=約3.00ct
¥350,000
春を謳歌する7つの花々。
絶妙な配置と優しい曲線のデザインで、洗練された柔和な襟元を演出します。



21 

Ptダイヤモンド&ルビー&エメラルド・イヤリング 
ロンドン 1955年頃の作品 50石のラウンドD=約0.90ct
36石のラウンドルビー 36石のラウンドエメラルド
¥360,000
百花繚乱の春を讃美しているような面持ち。
主役の微笑みをまぶしく輝かせます。



22 

K14&K18ゴールドチャーム   ブレスレット 
ニューヨーク 1920年頃の作品
¥155,000
90年以上も前の楽しげなチャームブレスレット。
当時の優れたお洒落の遊び感覚が、 時代のエネルギーを浴びることで、 言葉にならないほどの素敵な味わいに 昇華しています。



23 

K18エメラルド カエルモチーフブローチ
ロンドン 1975年頃の作品
270石のラウンドE=約9.50ct
¥300万
270石のエメラルドが合計9ct以上配されたフロッグモチーフ。
本物を極めた贅沢な遊び心を満たす気の張らないハイジュエリー。



24 

K18エナメル&ダイヤモンド 蛇ブレスレット
イタリア 1955年頃の作品
44石のラウンドD=約0.75ct 
¥500万
意匠を凝らしたスネイク・モチーフ。
しなやかに腕に巻きつく研ぎ澄まされた超絶技巧&エナメル細工。
隅々まで妥協を許さない匠の業がまたとないコケティッシュな魅力を演出します。



25 

Ptエジプシャンリバイバル アールデコ ブローチ
ロンドン 1930年頃の作品
190石のラウンドD=約2.90ct
サファイヤ、エメラルド、ルビー&オニキス(※カリブレカット)
¥380万
1922年、イギリス人考古学者、ハワード・カーター(1874~1938年)によって「世紀の発見」といわれるツタンカーメン王の墓が発見され、1922年以降、第3次エジプトブームがヨーロッパに巻き起こりました。
精緻なカリブレカットの意匠が古代エジプト美術を彷彿とさせる端麗な作品。
(※くり抜いた図柄に隙間なくはめ込むために様々な形に研磨することをカリブレカットと言います)



26 

Ptアールデコ ダイヤモンドブレスレット
ロンドン 1930年ごろの作品
478石のラウンドD=約14.75ct
¥490万
繊細な透かし模様に綿密にミル打ちが施された装飾芸術の妙。
優美な幾何学模様に格調高いアールデコの香りが漂います。



27 

Ptダイヤモンド クラスタードロップイヤリング
ロンドン 1990年頃の作品
20石のラウンドD=約3.20ct
¥115万
天から降りてきた清らかな雫のような輝き。
たおやかにスイングしながら辺りを潤します。



28 

Pt&WGダイヤモンド 円形リング
ニューヨーク 1955年頃の作品
30石のラウンドD=約1.75ct
¥430,000
精緻な作品の中に、枯淡の美学が結晶化されています。



29 

K18ダイヤモンドリング
ブシュロン パリ 1990年頃の作品
ラウンドD=1.03ct Eカラー、VS1(GIA)
多数のバゲットD=1.13ct
¥265万
無駄な装飾をそぎ落とし、引き算の美しさを追求したクールビューティ。



30 

Ptダイヤモンドブローチ
オスカーハイマン&Co. 1955年頃の作品
17石のペアシェイプD=約8.25ct
66石のラウンドD=約5.00ct
16石のバゲットD=約1.00ct
¥360万
ダイヤモンドの輝きがたわわに実っているような爛漫の煌めき。
優美なラインにも手ぬかりなく全面にダイヤモンドが…。
贅沢なしつらえがただならぬ高貴なオーラを漂わせます。



31 

Ptルビーブレスレット
カルティエ パリ 1950年頃の作品
49石のスクエアR=約18.00ct
¥900万
色鮮やかな真紅のルビーを色調をそろえて49石も集めた秀逸品。
煌々と輝く鮮赤色の輝きがお手元の優美な所作を注視させます。



32 

K18&Ptダイヤモンドブレスレット
カルティエ ニューヨーク1965年頃の作品
115石のラウンドD=約6.25ct
¥500万
着用した瞬間、満ち足りたクラス感に包まれます。置いてあるだけではわからないカルティエの魔法のようなデザイン力に脱帽です。



33 

K18ルビー・ダイヤモンドブレスレット
フランス 1960年頃の作品 6石のラウンドD=約0.70ct
16石のラウンドR=約2.00ct
¥135万
精緻な金細工と、ルビー&ダイヤモンドの素晴らしいコラボレーション。
温もりを感じる質感、明るい色調と輝き、ふわっとした柔らかい造形の 心地よいハーモニーが、ラグジュアリー&フェミニンな雰囲気を盛り上げます。



34 

K18リング
ブルガリ 1990年頃の作品
¥250,000
着け心地のよい斬新なデイリーリング。 体の一部のように愛着が湧きます。



35 

K18フレキシブル バングル
ブルガリ1990年頃の作品
¥360,000
イエローゴールドとホワイトゴールドのパーツをパズルのように組み合わせたしなやかなバングル。
工程がイメージできないマジックのような業が主役をクールにスタイリングします。



36 

Ptアールデコ翡翠&サファイヤ&ダイヤモンドブローチ
モーブッサン 1925年頃の作品
¥265万
瑞々しい翡翠の脇をダイヤモンドとサファイヤで固めたノーブルさがアールデコの格調を極めます。
シノワズリ(東洋趣味)のエキゾシズムをお洒落なセレブが嗜(たしな)んだ1925年という時代…当時の洗練された贅沢な空気感をたっぷりとお楽しみ下さい。
グランサンク(パリ5大宝飾店)の1つであるモーブッサンによるアンティークの至宝。



37 

Pt彫刻サファイヤ&ダイヤモンドペンダント
ティファニー&Co. 1925年頃の作品
1石の彫刻S=約65.00ct (非加熱)
14石のラウンドD=約0.80ct
¥160万
ヨーロッパでカルティエがマハラジャ ジュエリーに鼓舞され、革新的な作品を 作っていた頃、アメリカでもその独特の 斬新さに魅了されていました。
インドから渡ってきたと思われる大粒の カーヴイングジェム(彫刻された宝石)を用いた作品をティファニーも発表。 ティファニーの胆力を感じる逸品です



38 

K14彫刻翡翠ペンダント
カルティエ ニューヨーク 1950年頃の作品
¥115万
翡翠に造詣が深かったルイ・カルティエ(1875~1942年)は、20世紀初頭のヨーロッパでは稀有な存在でした。
氏が翡翠をあしらった斬新なデザインを発表してゆくにつれ、翡翠はヨーロッパの王侯貴族にも愛好されるようになり、 以後、シノワズリ(東洋趣味)のエキゾチシズムが一世を風靡しました。
王道の美をかもし出す磐石な佇まいは、どの時代にも普遍の魅力を携えてゆきます。



39-139-2 

赤茶色&ホワイティッシュグリーンの牡丹の花 翡翠彫刻 
1700年頃の作品
¥150万
牡丹は中国では「花の王」としてどの花より愛好されました。
二層のカラーゾーンのヒスイを見事に活かしてカービングした自然と人間業の妙なるコラボレーション。清朝の貴族のために作られた芸術品。




40 

イエローゴールド エジプシャンリバイバル   (古代エジプトブーム)インタリオブローチ
ロンドン 1880年頃の作品
¥500,000
1869年にスエズ運河が開通した後、第2次古代エジプトブームが沸き起こり、古代エジプト美術の影響を受けた作品がたくさん作られました。
この作品も異次元の斬新さを醸し出しながら、21世紀の今も、古代文明へのロマンへと誘ってくれます。



41 

K18カシミールサファイヤ&ダイヤモンドリング
1910年頃の作品
1石のクッションS=3.31ct 非加熱(グベリン)
2石のヨーロピアンカットD=約2.10ct
¥2500万
デュポン家旧蔵の最高品質級のカシミールサファイヤ。
抜群の透明感を誇るバイオレットがかったベルべッティブルーの類稀な煌めきが、 時代を超えて奥深い威厳を醸し出します。



42 

Ptサファイヤ&ダイヤモンド・カメリアモチーフ・   ブローチ&イヤリング
ヴァンクリーフ&アーペル1975年頃の作品
ブローチ:38石のS =38.98ct
163石のラウンド=8.23ct
イヤリング:48石のS=21.15ct
192石のラウンドD=4.72ct
¥3900万
優美なカメリア(椿の花)モチーフ。
縁飾りの高品質ホワイトメレーの輝きが、清冽なサファイヤ・ブルーの輝きを際立たせています。
華美ではないのに、ラグジュアリー。厳かな品格を静かに湛えています。



43 

Ptサファイヤ&ダイヤモンドリング
ティファニー 1938年頃の作品
1石のクッションカシミールS=1.84ct (AGL)
2石のテーパードバゲットD=0.23ct
¥1100万
アンティーク・ジュエリーでしか入手できない“幻のサファイア”と言われるカシミールサファイヤ。
人知れずカシミール特有のベルベッティブルーを 嗜(たしな)む満ち足りた気分をお楽しみください。



44-1 

K18サファイヤ&ダイヤモンドリング
ヴァンクリーフ&アーペル パリ 1975年頃の作品
1石のカボションS=約2.75ct
16石のオーバルS=約7.00ct
34石のラウンドD=約2.90ct
¥700万
パゴダ(仏塔)からインスパイアされたデザイン様式。
神秘的なエキゾチシズムをジュエリーに昇華した嗜(たしな)み深い輝き。



45 

Ptアールデコ サファイヤ&エメラルド(インタリオ)   &ダイヤモンドブローチ
ニューヨーク 1920年頃の作品
2石のカボションS=約14.00ct ビルマ産 非加熱(AGL) 
1石の長方形E=約4.00ct
4石のオールドマインカットD=約3.40ct
42石のラウンドD=約2.30ct
¥1500万
インドのマハラジャ・テイストを欧米で斬新に様式化した典型的なアールデコ・ジュエリー。
インタリオのカービングエメラルドをセンターに、サイドには奇跡のペアである透明感溢れる非加熱サファイヤ2石をバランスよく配し、大粒ダイヤモンドも惜しげなくあしらわれています。
悠久の時をかけて結晶した宝石たちが森羅万象、大自然の宇宙観を表わしているよう。アールデコの覇者たる風格。





催しのご案内(Fair Information) のページ一覧