JEX Gem Gallery
JEXについて(About JEX)
トップページ > JEXについて(About JEX) > JEXの歴史

JEXの歴史

JEXの母体は1968年創立のジョワ宝石ビジネススクール
「宝石は買うときは高く、実際に売る時には驚くほど安くなる!」…この現実をなんとか改善できないものかと思いめぐらし、解決策を見出したのが創立者であり、理事長の藤本登志雄でした。「宝石売買の仲介市場」を作る…そのことが解決策でした。

1990年に、日本初の本格的宝石売買の仲介市場として大阪駅前店を開設、その後、2000年には東京銀座店を開設しました。
売りたい方は、一般的には「買取換金市場」でより高く売れ、買いたい方は、買い取りによる在庫リスクがない分低いマージンでの運営が可能なので、よりお安く買って頂けます。
査定は、業者間の取引価格(一般的に市価の1/3~1/2)位を目安に行い、売買が成立した時には、双方から10%ずつの仲介料、計20%を頂くシステムを採用しました。
このようにして、単に新しい持ち主の方との出会いの場を提供するのみならず、「買うときと換金する時の価格差をできる限り小さくする」ということをも可能にする、JEXシステムが誕生しました。

藤本登志雄の目標は、「善の渦の拡大」です。1990年のJEX創設以来、このJEXシステムは多くの方から歓迎され、ご支持を頂き、国内はいうに及ばず、海外からのご利用も頂き、喜びの渦が確実に広がってきていることを実感しています。

JEXについて(About JEX) のページ一覧